iPhoneの充電事情

iPhoneを購入するとACアダプタが付属していますが、iPhoneはパソコンやMacについているUSBでも充電可能です。


しかし、一部のUSBでは充電ができないことがあります。

iPhone6sの予約情報の失敗しない選び方を紹介します。

それは電気の流れが弱いからです。

アップルではiPhone用として5Wと12Wのアダプタを用意しています。


一般的には12WはiPad用として販売されていますが初代iPhoneからずっと利用できます。

重要なのはアンペアです。


USBの規格上は2.5Wですが、USBの電源は複数口がある場合には減ることが多く、またパソコンやMacではCPUの利用状況等によって電圧が下がることがあります。

そのため、USBに刺しても充電できないことがあるのです。

iPhone6sのサイズサイトが一番おすすめです。

逆に12WのUSBアダプタを使えば付属のアダプタよりも格段に早く充電できることが多いです。

知って得するiPhone6sの価格の情報サイトです。

アップルではありませんが、サードパーティの製品の中には急速充電を売りにした商品まで登場していますが、どの商品でもアンペアをどのように設定しているかが分かれば適しているかが分かります。

iPhoneではOSのバージョンアップとともに仕様バッテリー量が極端に増えることがあります。

その後のパッチで利用量は減るのですが、OSのバージョンアップを進んで行う場合はいつもき書きではないことになります。

5Wや12Wのアダプタを持ち歩くのは大変とかんがえるなら大出力のアンペアに対応したモバイルバッテリーを使うのも有効です。