iPhoneの耐衝撃性能

iPhoneは5あたりから大型ディスプレイを採用するようになり、6Plusではタブレットと思えるような大型ディスプレイを採用しています。

そのため、落下による故障や液晶破損が問題になります。一般的には数十センチからの落下ならキズ程度で済んだという方も多いのですが、道路だったり、硬い場所では液晶のひび割れもよく起こります。

特に夏のキャンプや冬のスキーなどiPhoneで写真撮影をしたいという方が増える時期にiPhoneの落下による故障が増えるようです。

iPhone6sは人気のテーマです。

iPhoneの落下による故障を防ぐためにはケースを使うのが一般的です。

さらに身近になったソフトバンクの機種変更情報選びをサポートします。

ただし、ケースと言っても素材が落下時の衝撃を吸収してくれないと意味がありません。


そこで耐衝撃性に対応したケースとなりますが、以前は耐衝撃性ケースといえばごつくてつけると充電ができないなど問題が多いケースが多かったです。


しかし、現在のケースは薄さにこだわり、しかも耐衝撃性を向上させています。
耐衝撃性をうたうケースのほとんどが2m程度の落下でも液晶を含めiPhoneを守ってくれると言われています。

また、6や6Plusなどで指紋認証機能がホームボタンにありますが、最新のケースでは指紋認証も可能になっています。

iPhone6sの機種変更の情報探しをお手伝い致します。

耐衝撃性に対応したケースはこの他、防水機能が付加されているケースが多いです。


2mからの落下に耐え、1m程度の水の中でも耐えられるとすればアウトドアにはもってこいのケースと言えます。